Hasegawa Takashiの日記

1977年生まれ。いわき市勿来町に住んでいます。自然豊かないわき市で活動する日記を書いていきます。

水害・土砂災害に備える。

令和2年7月豪雨によりお亡くなりになられた方へのお悔やみと被災された皆様へお見舞い申し上げます。熊本県人吉市の状況などをニュースで見ると他人ごとのようには思えません。いわき市は昨年10月の令和元年東日本台風による洪水や東日本大震災による津波被害を受けました。自然豊かないわき市は好きですが、一方で私たちの想像を超える自然災害にどう対応していくかしっかり考えていかなければいけません。特に水害や土砂災害は逃げ遅れれば一瞬にして命を奪ってしまう。そのことを念頭において日頃の備えをすることが大切です。

 

そしていわき市は先日、「河川洪水ハザードマップ」を改訂しました。これは洪水浸水想定の基準が1,000年に1回程度の大雨での洪水が発生した場合等での見直しが行われています。例えば私の主な生活区域は勿来南部ですので、河川洪水ハザードマップを見ると洪水時どこが危険か分かります。特に勿来南部は鮫川という大きな河川があり、ここが氾濫すれば広範囲にわたり甚大な被害が生じることは、このハザードマップで一目瞭然です。今回特に熊本での洪水はハザードマップとほぼ一致しているというのをニュースで拝見しました。ハザードマップの精度も向上していると思います。十分な治水対策や災害対応には時間がかかると言われていますので、まずは自分が居住している地域のリスクをしっかり捉え、避難場所や避難経路を確認し命を守る行動をとれるように準備しておきたいと思います(足腰の悪い方は早めの行動、隣近所間の確認や助け合いが必要な場合も)。

 

夏が過ぎれば台風がやってきます。特に今年はコロナ禍で避難するにも難しい面もあると想定されますので、様々な情報を正しく捉えてリスク対応に備えたいと思います。

 

f:id:haseller:20200716235110j:plain

 

www.city.iwaki.lg.jp